「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」5巻のあらすじ【試し読みあり】

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」を無料で試し読みする方法と、あらすじ、感想を紹介します。

※感想では一部ネタバレも含みます。

「先生好き」

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~5巻のあらすじを知りたい」

「感想が知りたい」

という方の参考になるかと思います。

まずは、無料で試し読みしてみたいというかたこちらから!

サイト内より『私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~』で検索

『私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~』を無料で試し読み

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」5巻のあらすじ

午前6時半いつもより早い電車に乗った葵は、この時間なら杏平(きょうへい)と会うことはないだろうと油断していた。

電車の中で会ってしまう二人。

最寄り駅に着くと、外は土砂降りの雨だった。

古くて歩くたびにギシギシとなる旧校舎。

怖がる葵の手を引いて登校してくれた杏平。

そんな二人の姿を後ろの陰から面白くなさそうな顔をしながら見ている女子高生の姿があった。

翌日 学園祭準備も佳境に入り、葵は自動販売機で杏平への差し入れを購入して彼の元へ行くことにした。

保健室のベッドの上、制服の上のはだけさせられて弱い胸を触ってくる杏平。

舌で愛撫され、尖った突起を指でつままれ、ビクビクと反応する身体に葵はどんどん抵抗できなくなっていく!

学校の保健室で、ダメだと分かっていても止まらない行為。

したいと杏平に求められ、学校での背徳な行為に葵がストップをかけようとしたその時。

保健室の扉を開けて、四ノ宮が杏平を探しに部屋に入ってきてしまった…

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」5巻を無料で試し読み

「私の穴に挿れちゃダメ」で検索!

以上、「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」のご紹介でした。

僕は、まんが王国というサイトで読みあさっています!

紙の本ってかさばるし、そのわりに値段も高いです。

実際にスマホで読んでみて、ページ送りもサクサクだし、移動中に手軽に読めるのが革命的によかったです!

会員登録なしで、無料試し読みもできます!

まんが王国では、無料漫画も3000作品以上と豊富に取り揃えられています!

実際に使ってみておすすめの電子コミックサイトです!