「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」6巻のあらすじ【試し読みあり】

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」を無料で試し読みする方法と、あらすじ、感想を紹介します。

※感想では一部ネタバレも含みます。

「先生好き」

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~6巻のあらすじを知りたい」

「感想が知りたい」

という方の参考になるかと思います。

まずは、無料で試し読みしてみたいというかたこちらから!

サイト内より『私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~』で検索

『私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~』を無料で試し読み

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」6巻のあらすじ

保健室のドアから入ってきた四ノ宮(しのみや)に声をかけられて、慌てて対応したのは杏平だった!

顔を出した杏平に、四ノ宮は今日一日 先生の家に泊めてもらえないか?と、お願いをしてきた。

断り切れず四ノ宮を家まで連れてきた葵は、杏平と一緒に住んでいることを知られないように必死で考える。

杏平には家に帰ってこないように携帯で伝えて、四ノ宮がお風呂に入っている時間に荷物を取りに戻ってくるように連携をとってみる。

言われるがまま手を使って杏平のモノを慰めようとした葵は、触っている方の自分もムラムラしていく・・・

ディープキスをしても肝心な部分に触れてくれない杏平に、葵は我慢できなくなって自ら下着を脱いで足を広げた。

お風呂に入っている四ノ宮が出てくるまでのタイムリミットが近づいてくると、身体を合わせたいと願いながら二人は同時に絶頂を迎えた・・・

変な噂にならないように、学校ではなるべく二人でいるのを辞めよう・・

そう決めていた矢先、誰もいないと勘違いされた守衛の人に外から鍵をかけて閉じ込められてしまった・・・

「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」6巻を無料で試し読み

「私の穴に挿れちゃダメ」で検索!

以上、「私の穴に挿れちゃダメ~寝たふりしてたらイカされちゃう~」のご紹介でした。

僕は、まんが王国というサイトで読みあさっています!

紙の本ってかさばるし、そのわりに値段も高いです。

実際にスマホで読んでみて、ページ送りもサクサクだし、移動中に手軽に読めるのが革命的によかったです!

会員登録なしで、無料試し読みもできます!

まんが王国では、無料漫画も3000作品以上と豊富に取り揃えられています!

実際に使ってみておすすめの電子コミックサイトです!